活動報告

Activity Report

トップ > ブログ/活動報告 > 【NPOシニア道場樂レポート】健康体感教室

2011.5.17ブログ/活動報告

【NPOシニア道場樂レポート】健康体感教室

 

5月16日(月) この先生がやってきました。

033.JPG

 

やまなだ療術院 院長の山名田先生です。

ユーモアなお話と(多くの笑いが生まれました)、

東洋医学の心と健康の考え方が

とっても勉強になりました。

 

今日の講座はメインとして2つ。

誰かにそっとやってあげたくなる

筋膜炎治療の実演と、

釈迦が説いたと言われる東洋医学のお話。

 

まずはリラックスするために行った深呼吸。

DSC02949.JPG

 

深呼吸から体を温める。

ラジオ体操の効能などをお話しいただきました。

 

その後は、痛い痛いという方に、

やってあげてみてほしい筋膜炎治療の実演。

 

DSC02951.JPG

 

整体の先生だから、痛いことをするのかなと

思いきや、その逆。優しく何回もゆっくりほぐす。

 

誰かにやってあげるときは、血流をよくするために

同じところをゆっくりなぜながら、ほぐしながら100回。

そして、ちょっと動かして100回。

 

やってもらっている方は、とっても気持ちがよさそう。

 

痛いところがあったら、そこは無理しない。

ピークがきたら、それを受け入れて

それにあった運動をすること。

 

歳をとると必ず痛いところは出てくるもの。

人の頑張る姿に影響されて、無理して

悪化しないようにと、何度も注意を促していました。

 

お話の中間からは、東洋医学における

心と健康の関係についてのお話。

 

そのメモをそっと公開。

(何が書いてあるか分からないと思いますが・・・。)

DSC02952.JPG

 

印象的だったのは、定年後・ちょっと落ち着いた時に

中高年・シニアの誰にでも訪れる悩みについて。

 

お金や地位さえあれば、心が安定していた

物質主義の若い時。

 

そこからお金や時間があるのに

なんか寂しい、充実しない

精神主義の時代に。

人それぞれに悩みがある。 

 

自分ではどうしようもない気の流れ

=エネルギー

 

このエネルギーは誰かの力を

かりないと上がらない。

 

上げていくために、良い仲間

死ぬまで生きるための、指導者を見つける。

(医者や習い事の先生など、自分を

 客観的に指導してくれる人)

 

心の健康は、必ず体の健康へと繋がる。

だから、最後のメッセージとして

 

ひとそれぞれの悩みがあって、

解決策はなかなか見つからない時もある。

 

だから自分がちょっとでもいいと思うこと、

興味のあることへ動いてみて、

自分に思った道に進むようにと

熱いお言葉をいただきました。

 

参加した皆さんは、満足そうでした。

 

山名田先生、お忙しいところ

ありがとうございました!

トップへ戻る